割り切って守備の防波堤に…遠藤航「絶対にボールを持って戦うみたいなプライドはない」

[1.21 アジア杯決勝T1回戦 日本1-0サウジアラビア シャルジャ]  中盤の底でピンチの芽を摘んだ。
「意識していたのは出過ぎないこと。まず僕がフィルターになって裏を通させない。2列目から当てて出ていくとか、コンビネーションが相手の良さだったので、そこの受け渡しも良かった」と守備の防波堤になった。
一方で「落ち着かせるか、カウンターをやり切るか、ハッキリしたかった。ボールを失う位置が低くてクリアが多くなって、つなげなかった」と、攻撃の起点になり切れなかったことを悔やんだ。「もっと攻撃に絡んでいくのが最近の自分がイメージしていること」。
攻守両面で理想は高いだけに、決して現状のパフォーマンスには満足していない。とはいえ、「こういう大会で勝つことを考えたら、今日みたいなプレーも必要ということは自覚している。この日はサウジアラビアにボール支配率76.3%を許したが、「アジアのレベルは上がっているし、そこは僕らも理解している。」
絶対に日本が勝てるというアジアの戦いではなくなってきている意識があると冷静に受け止める。年代別代表から何度となくアジアの戦いを経験してきた25歳は「相手をリスペクトしながら、割り切って自分たちの戦い方を変えられるというか、絶対に自分たちがボールを持って戦わないといけないみたいなプライドは今は別にない。勝つために相手にボールを持たせることも戦術だし、持たせてカウンターがハマるならその戦術を取るべき」と言い切る。

 
ref
 

ざわ@先攻ジャッジマン @P8803BS

お前らプロ野球の最初の推し誰だよ 「幕張の防波堤」小坂誠 選手 走ろう!走ろう!小坂は元気! 走るの大好き、どんどん行こう(応援歌がとなりのトトロのさんぽ) 広すぎる守備範囲は最早芸術。保育園児の俺でも、コイツはヤベェってわかったね。

コメントは受け付けていません。