遠藤航は中盤の防波堤、割り切り守備で完封の立役者

<アジア杯:日本1-0サウジアラビア>◇決勝トーナメント1回戦◇21日◇UAE・シャルジャ 2大会ぶり5度目の優勝を狙う森保一監督率いる日本(FIFAランク50位)は、20歳のDF冨安健洋(シントトロイデン)の国際Aマッチ初ゴールでサウジアラビア(同69位)を下してベスト8進出を決めた。
「1点を取ったことで、余計にブロックをつくる流れになってしまったかな」と振り返りつつ「持たれることは予想していたので割り切った」と話した。

 
ref
 

ニッカンサッカー @nikkan_soccer

遠藤航は中盤の防波堤、割り切り守備で完封の立役者

コメントは受け付けていません。