巻の原点は08年千葉の「奇跡のJ1残留」だった

元日本代表で06年W杯ドイツ大会に出場したFW巻誠一郎(38)が1月16日、現役引退会見を行い、競技生活に幕を下ろした。
17位でJ2降格崖っぷちだった。だが異様な雰囲気の中で選手、サポーターが一丸となり後半残り11分で4得点し大逆転。土壇場で敗れた東京、磐田を抜き15位に浮上した。
残留が決まり、巻が目を真っ赤にしピッチの上で大の字になったミラクル劇だ。当時のことは「一番印象に残るシーンで、今でも鮮明に覚えている」と言い、特にサポーターとひとつになった神がかり的な空間に「サッカーは11人じゃなく、クラブやスタッフ、サポーターなど多くの人一体で作り上げるもの。素晴らしいスポーツだと、あらためて感じた瞬間だった。
サッカーをする上での原点になったと振り返った。思い出も、誰かのために最後まであきらめず全力を尽くす、巻らしいものだった。熊本での5年間についても触れ「J3に降格した試合は忘れられないし、忘れてはいけない。」
申し訳ないと、悔しさは残ったままだ。だが「悪かった思いを胸に刻んでいきたい」と、悔しさは残ったままだ。だが「悪かった思いを胸に刻んでいきたい」と、悔しさは残ったままだ。
陰ながら応援したいとエールを送った。日本代表として初めて臨んだW杯ドイツ大会から学んだこともあった。ブラジル戦に出場したが「何もできず、失望感いっぱいで(日本に)帰ったきた覚えがある。」
世界との差はこんなにあるんだと痛感させられた。でもまだこれからやることがたくさんあると、高みを目指す転機にもなった。「どんな時でも泥臭く一生懸命やることや、チームのために走ることが信念だった」。
サッカー人生で大切にしてきたことを、今後に生かしてもらいたい。【菊川光一(きくかわ・こういち)1968年(昭43)4月14日、福岡市生まれ。福岡大大濠高-西南大卒。
93年入社。写真部などを経て現在報道部で主にJリーグなど一般スポーツを担当、プロ野球等のカメラマンも兼務する。スポーツ歴は野球、陸上・中長距離。

 
ref
 

魅力ラボ/小田桐あさぎオンラインサロン【公式】 @Miryokulab

あさぎさんのリツイートは格別に嬉しいです。あさぎさんの「嫌すご」にも同じことが書いてあると思うから。 ・自分を信じる ・自分を大切にする ・そしたら、相手を信じてみんなを大切にできる それって、愛と優しさの原点♡ 嫌すご 魅力ラボ 小田桐…

イト @outini_to

原点→減点

ドロン子 @aoakawine

巻の原点は08年千葉の「奇跡のJ1残留」だった(日刊スポーツ) - Yahoo!ニュース

英語のラーニング・ソサイエティ @sakuraikeizo

学び合いの原点は英語学習の楽しみを分かってもらいたいと思っています。確かにいろいろな方と練習する事は楽しいことであり、他の人と音声で交流する事が楽しい事です。人のつながりは全てのトラブルの元ですが、やはり人は繋がりたいと思っていると思います。その出会いの場を提供したいのです。

コメントは受け付けていません。