“セックステープ”恐喝でデシャンがついにベンゼマを痛烈に非難「境界線を越えた」

フランス代表監督ディディエ・デシャンは、レアル・マドリーのフランス人ストライカー、カリム・ベンゼマを激しく非難している。
私には忘れることのできない事実が存在した。ベンゼマは越えてはいけない境界線を越えた。そのようなことが起こった時点でチームに戻すことはないと語った。
また代表監督は「私はフランス人選手を選出している。彼らは全員フランス人だ。肌の色や宗教上の理由から選手に電話をかけたことなど一度もない」と語り、人種差別が広まるフットボール界に対する指摘とも取れる回答を行った。

 
ref
 

【追加コンテンツ】少々お待ち下さい。

使用キーワード: セックステープ 恐喝 デシャン

使用代替キーワード: サッカー

コメントは受け付けていません。