森保ジャパン大苦戦の滑り出し。チグハグだった理由とその中で見えた収穫

日本代表は9日、AFCアジアカップ2019(UAE)グループステージ初戦のトルクメニスタン戦に臨み、3-2で勝利を収めた。

 
ref
 

まあさあ @marstrip664

こうも簡単にメッキが剥がれるとは…ガッカリだよ! 【そういうことだろ~】森保ジャパン、まさかの大苦戦! 堂安&南野はなぜ仕掛けない? 原口、長友、2得点の大迫がいなかったら… より

ホットニュース @_RankingNews

想定内だった森保Jアジア杯初戦の苦戦…隠された狙いと残った問題点|THE PAGE UAEで行われているアジアカップ。日本は9日の初戦でトルクメニスタンに先制を許す大苦戦の末、辛うじて3-2で勝利した。 ロシア・ワールドカップ後に発足した森保ジャパンは昨年、4勝1分けの好成…

Hiro @hiro_gamba7

【清水秀彦/そういうことだろ】森保ジャパン、まさかの大苦戦!堂安&南野はなぜ仕掛けない?原口、長友、2得点の大迫がいなかったら… 「冨安と…2人で同時に攻撃に出ちゃうんだもの。あれではボールが動かないし相手に付け込まれる。柴崎は自分がやりたいプレーばかり」

松戸すきすき @hd_matsumoto

指摘事項以外ではシュート力。 なんと枠外や力のないシュートをGKの正面へ。まあ、これはジャパンの伝統だが。 森保ジャパン大苦戦の滑り出し。チグハグだった理由とその中で見えた収穫

コメントは受け付けていません。