青山敏弘が今思う日本代表「W杯の流れを汲んでいる。それを繋げるのがアジア杯」

日本代表MF青山敏弘はコンディションに問題がないことを明かしつつ、チームの状態も上々であるとしている。
そこまでは後ろからしっかりつなぐトレーニングはできていると思うので今大会のアジアカップではオーストラリアやタイが初戦を落とし、韓国や中国といった国々も初戦は苦戦を余儀なくされている。青山は「そういうことがあるというのはサッカーで、頭に入れないといけないし、そうなった時にどうするかが一番大事だと思っています」と対応力が求められることを話した。森保一監督にとっては初めてのタイトルがかかった大会。
サンフレッチェ広島時代から知る青山は緊張を感じる様子はないと話し、監督ではなく、チーム全体が重要であるとした。「ワールドカップの流れを汲んでいるのをすごく感じていて、森保さんが一からつくったサッカーではないと僕は思っています。」
「森保さんの色はもちろん必要だと思うので。監督が一番じゃないです」。

 
ref
 

【追加コンテンツ】少々お待ち下さい。

使用キーワード: 青山敏弘 今思 日本代表

使用代替キーワード: サッカー

コメントは受け付けていません。