【川崎】痛恨ドロー 勝てば首位・広島に1差だったのに… 小林悠PK失敗悔やむ

◆明治安田生命J1リーグ第18節 湘南0―0川崎(26日・ShonanBMWスタジアム)  当初は7月28日に予定されていたが、台風12号の影響で中止となっていた一戦。
雨粒を切り裂いたFW小林の一撃はネットを揺らせなかった。後半40分に奪ったPK。右足シュートは中央に飛んだが、相手GKに防がれた。
「あの状態で動かないGKはいないと思っていたら動かなかったのでびっくりした」と好機を逃し、悔しがった。22日の名古屋戦に3―1で勝ち点13まで開いたが、地道に差を縮めてきた。
勝てば1差と肉薄できたが、無念のドロー。MF中村も「勝って、1差に縮めたかったのはみんなの総意。ただ、向こうも残留争いしているし」と前向きにとらえた。
それでも勝ち点差は3で、首位と“1ゲーム差”に。「1ゲーム(差)というのは意識しながらジリジリと追いつめていきたいとDF谷口。逆転での連覇へ突き進むだけだ。」

 
ref
 

SHELLY @sonnien5pe

小林悠が痛恨のPK失敗…川崎、湘南の守備を崩し切れず手痛いドロー

忙しい人のためのサンフレとかBOT @AGFIB

[AGFIB] 川崎、ドローで連覇へ前進 痛恨PK失敗で白星ならず(2018年10月8日)

Panda_777 @i_worm

最近、PKを真ん中に蹴る傾向が強いから キーパーが動かなければというシーンが多い 川崎・小林、呆然PK失敗で痛恨ドロー…首位・広島と3差 - SANSPO.COM さんから

コメントは受け付けていません。