マドリーにさらなる痛手、クロースが2~3週間の離脱

レアル・マドリーのドイツ人MFトニ・クロースは6日(日)のレアル・ソシエダ戦の試合中に負傷し、左脚の内転筋に程度2の損傷を患っている。
既にマリアーノ・ディアス、ガレス・ベイル、マルコ・アセンシオ、マルコス・ジョレンテがピッチから遠ざかっている。

 
ref
 

サッカーなんでも情報局 @mnrYUOhTNJ2MBCL

マドリーにさらなる痛手、クロースが2~3週間の離脱()

コメントは受け付けていません。