11年伊野波、細貝、李に続け!「家族全員風邪」でつかんだ万全合流の塩谷「練習からバチバチ」

日本代表は7日、1次リーグ初戦・トルクメニスタン戦に向けた調整を行った。
DF塩谷は同じく追加招集のMF乾から遅れること13時間、練習開始1時間半前に代表宿舎へ。家族とのバカンスを切り上げてのドタバタ合流にも、「(UAEに)移籍した時の目標の1つに、この大会の出場があった。練習からバチバチ、アピールしていくと眼光鋭く語った。」
■11年大会ラッキーボーイ3人組 11人の力で勝てるほど、アジアの舞台は甘くない。優勝した11年大会の準々決勝では、スタミナ切れで前線に残っていたDF伊野波雅彦が決勝点。準決勝では、「PKはこぼれ球を狙って猛然と詰めるという幼少期からの教えを守るMF細貝萌の前にGKがはじいたボールが転がり込んだ。」
決勝ではFW李忠成が不思議なほどにフリーになり、殊勲のボレー。“ラッキーボーイ”の出現なくしてアジアの頂には達しなかった。■「家族全員風邪が導いたマルタ旅行 幸運を味方につけ、千載一遇のチャンスを逃さずヒーローになる―。」
偶然が重なって万全に近いコンディションでの合流となった塩谷には、そんな“ラッキーボーイ”の雰囲気が漂う。17年の年末に日本へ一時帰国した際、気温差に体調を崩し、家族全員が風邪を引く事態に。反省を生かして今回は温暖なマルタ行きを選択したが、結果的に移動時間や寒暖差を最小限に留めた合流に成功した。
■試合勘も問題なし またクラブW杯を準優勝で終え、順延されていた公式戦を12月28日に終えたばかり。試合勘も問題なし またクラブW杯を準優勝で終え、順延されていた公式戦を12月28日に終えたばかり。試合勘も問題なく、UAEの地で1年半プレーした「地の利」もある。
■「優勝するために自分ができる最大限のことをしたい」。23番目の男・塩谷の合流で、初戦の3日前にしてようやく全員が集結。
アジア奪還へ、役者がそろった。

 
ref
 

初代・古炉奈楠亭銭下馬F @colonax

まだ始まったばかりだ! と言っておくけれど、年またいでPOからの嫌な流れが続いてるのはなんともはや。とにかく、まずはゴールを。それがなければ、勝利なんてない。しかし、松浦と伊野波はどうした?

マルコ @yosukelin

前回は2011年! 麻也と長友は8年後もレギュラー。 ザックはUAEの監督に。 伊野波はかぼちゃの馬車被害に。 カズは代表入りを諦めてない。本田のガンバ系後継者堂安はこの年からガンバjry 解説は松木さん。当時の名言集。「パクチソンはもう4人ぐらいいるんじゃないか」「ふざけたロスタイムですねぇ」

WARRIORS ®︎2/22 桜 @caseofsatoshi

磐田から帰ってきた年のプレシーズンマッチで伊野波が出てきた時の期待感は忘れられない。 ありがとう、伊野波。 これからも応援してるぞ、伊野波。

Carl @salzkm18

伊野波は複数年結んで欲しかったけど、神戸のオファーは大幅ダウンの単年だったのかな

N_TORU @Toru1458EDM

伊野波は神戸でスタメン起用されてたのに契約満了、しかもコメントは短い…。 絶対あの事件が尾を引いてるだろうな。(笑) 伊野波ほしいけど、年棒高いんだろーなー。

コメントは受け付けていません。