ライバルたちとの死闘の末に成し遂げた“王座奪還”【AFCアジアカップ2011】

5日に開幕した「AFC アジアカップUAE 2019」。
南アフリカ・ワールドカップに続き長谷部誠にキャプテンを任せ、多くの海外組が名を連ねた。グループステージ初戦のヨルダン戦はドロースタート。続くシリア戦は本田圭佑のPKで何とか勝利を手にするも、川島永嗣が一発退場するなど、判定に泣かされた。
続くサウジアラビア戦は5-0と快勝を収めグループ首位通過で準々決勝では開催国のカタールと対戦した。すると1-1の場面で、今度は吉田麻也が退場処分に。
直後のフリーキックで勝ち越し点を奪われ絶体絶命の状況に追い込まれる。それでも、香川真司のこの日2点目で同点に追い込まれる。それでも、香川真司のこの日2点目で同点に追い込まれる。それでも、香川真司のこの日2点目で同点に追い込まれる。
すると川島永嗣の2連続セーブなど、韓国は3人が失敗。対する日本は3人が成功し、日韓対決を制した。決勝戦ではオーストラリア代表と対戦。
スコアレスのまま延長戦に突入すると、途中出場の李忠成が長友佑都のクロスにダイレクトボレーで合わせて決勝点をマーク。この1点を守り切り、2大会ぶり、史上最多4度目の優勝を手にした。写真=ゲッティイメージズ。

 
ref
 

【追加コンテンツ】少々お待ち下さい。

使用キーワード: ライバル たちとの 死闘

使用代替キーワード: サッカー

コメントは受け付けていません。