1点守り切ったヨルダンが大金星! 前回王者オーストラリアは初戦黒星スタート

[1.6 アジアカップ2019 オーストラリア0-1ヨルダン アルアイン]  アジアカップ2019は6日、グループリーグ第1節2日目を行い、グループBはオーストラリア代表とヨルダン代表が対戦。
一方、名古屋所属のFWアンドリュー・ナバウトはベンチスタートとなった。序盤はボールを保持するオーストラリアに対して、ヨルダンはカウンターでチャンスを作っていく。すると、先制に成功したのはヨルダン。
前半26分、左CKをショートコーナーで始めると、FWムーサ・アル・ターマリが左サイドからクロスを上げる。PA中央のDFアナス・バニ・ヤシーンが頭で合わせ、豪快にゴールネットに突き刺した。ヨルダンは前半30分にもチャンスを作る。
PA手前でFKを得ると、MFバハー・アブドゥルラフマンが右足シュート。GKマシュー・ライアンの左手をかすめたボールはクロスバーを叩き、追加点とはならなかった。パス回しからチャンスをつくるオーストラリアだが、ヨルダンの4-2のブロックに苦戦。
前半はヨルダンが1-0のリードで折り返した。後半に入ると、オーストラリアはMFトム・ロギッチを中心に攻撃を組み立てる。後半に入ると、オーストラリアはMFトム・ロギッチを中心に攻撃を組み立てる。
最後はPA中央のロギッチが左足で合わせるが、ゴール上に大きくはずれていった。オーストラリアは幾度と敵陣に入り込んでゴールに迫るが、ヨルダンの固い守備に阻まれる。一方、ヨルダンは圧のあるプレスからボールを奪い、素早いカウンターで前のめりになっているオーストラリアを脅かしていった。
オーストラリアは後半41分にFWジェイミー・マクラーレンのシュートでゴールネットを揺らすが、オフサイドでノーゴールの判定に。試合はそのままヨルダンが1-0で勝利。前回王者のオーストラリアは初戦黒星スタートとなった。

 
ref
 

大三国志bot(仮) @bot_kakkokar

【模擬戦】 洛陽や守軍城の所有権の争奪戦だったり、それらが関係のないユニ戦イベントであったりと様々な目的で行われる戦闘(戦争ではない)。目的は違えど、負けても失うものが少ない点、ルールがある程度定められている点はほぼ共通。

エマちゃん(ぴっぴ)@ponpain @tyocodaisuki

細田守監督のおんなの趣味はマジでわからなくて、メンタル不調の時観るとイライラして仕方がないんだけど、その点男の趣味が良すぎるから中和される。ぼくは、今敏監督に生きていて欲しかった。ぼくは、今敏監督の作品が全て好きなのである。子ども男女オッサンばーちゃんまで、何もかも好きだ。観て。

とうらぶ本丸コピペbot @ToloveHonmaru

歌仙:失敗した料理を美味いぜよと全部食べてくれるのが陸奥守、不味いという顔が隠しきれないのが加州、失敗した料理から良い点を見つけて褒めてくれるのが蜂須賀、黙って食べるのが山姥切、一口食べて席を去るのがこんのすけ

まち* @machiespo

押井守監督の“企画”論 縦割り構造が崩れた映像業界で、日本の映画はどう勝負すべきか アニメ anime より (文中抜粋)今こそ日本でつくる映画は“企画”で勝負するべきだと思う。 ↑ 『地球の寿命』のコンプライアンスがテーマの映画は、この点を押さえてる!

花儿flower @Huainuk2018

看开点,生活还是要继续,为了母亲,为了自己,忘记仇恨,找个好男人,相守一生。

コメントは受け付けていません。