優勝争い占う大一番…クロップ監督、マンC戦は「最も難しい試合の1つ」

1月3日のプレミアリーグ第21節で、首位リヴァプールは3位マンチェスター・Cとアウェイで対戦する。
さらに「傑出した監督もいるし、彼らは本当に強力なチームだよ」と続け、相手を称賛している。マンチェスター・Cのジョゼップ・グアルディオラ監督も先日、リヴァプールを「おそらくヨーロッパでも世界でも最高のチームだ」と評し、賛辞を送っていた。このことについてクロップ監督は「私も聞いたよ」とコメント。
ただ、自身はそうした声に惑わされない様子を見せている。「彼は「現時点で」と言っていたね。12月の段階でこのような成績を残したチームが他に無かったかは分からない。
我々は本当に、本当に、本当に強いチームだよ。
それがこれほどの勝ち点を手にした理由であり、このような結果で来た理由でもある。100パーセントはっきりしている。でも、我々は1つの試合に向けて準備する「もし誰も尋ねてこなかったら、私は彼らが世界最高のチームだと言っただろうか? ノーだ。」
我々は追いかけていたんだ。
そういったものはトークにすぎず、現実とは何も関係ない 注目の一戦は、1月4日5時)にキックオフを迎える。

 
ref
 

加古輝政 @teruterubozu725

ベテラン玉鷲 賜盃拝戴(其の4) 玉鷲は先場所9勝で今場所の優勝が起点になる。両力士とも来場所優勝争ひをしたならば、同時昇進も夢ではない。但し五大関は流石に多い気がする。最強の関脇長谷川のやうにならなければよいが。とにもかくにも、平成の御代で最後の来場所は、目が放せない。(終はり)

みずき @mizukihara59

何と言っても気になるのが、稀勢の里のコンディションですね。序盤の平幕力士との対戦が進退の鍵になると思います。ここで安定的な力を発揮して勝つことができれば、二桁勝利あるいは優勝争・・・ 続きは質問箱へ peing 質問箱

コメントは受け付けていません。