前線からの守備と永田一真の大会4ゴール目で岡山学芸館が仙台育英を振り切る!

取材・文=川原宏樹(提供:ストライカーデラックス編集部)  180センチ代のフィールドプレーヤーが3人もいる仙台育英は、岡山学芸館の選手に比べてかなり大きく見えた。
さらに、岡山学芸館は、24分に待望の先制点を奪う。
右サイドを上がった伊藤柊都がゴール前へクロスを送る。これをファーサイドから鶴海翔大がゴール前へクロスを送る。これをファーサイドから鶴海翔大がゴール前に落とすと、永田は今大会4得点目を記録した。
エースの一撃でチームはさらに活気づき、仙台育英の攻撃を最後まで跳ね返し続けた。勝利を手にした岡山学芸館は、1分1敗と苦手としている相手だ。
しかも、瀬戸内は2回戦からの登場で、1回戦から戦う岡山学芸館に比べて疲労は少ないと言えるだろう。それでも、永田は「いつも公式戦の翌日は練習試合が入っていて、それを1年間通してやってきました。苦ではなくて当たり前という感じなので、何の問題もないです」とコメントした。
次戦も走力を生かした守備をベースとした100パーセントの岡山学芸館が見られそうだ。

 
ref
 

Cch @verdy4

ここまでアジアカップの日本代表戦4試合見て思うのは、ヴェルディって守備をちゃんとしてたんだなと(笑)。ぶっちゃけ、前線は個のアイデアと質でそこそこ点とってくれるんだから、ロティーナに代表監督やってもらおう。 いや、教えるのに時間かかるから無理…

コメントは受け付けていません。