シティ攻撃陣は牙城破れるか 好守備えるリヴァプール

“ゴールへの決闘”。
本拠地に首位クラブを迎えるペップ率いるシティは、最も攻撃力を発揮しているクラブである。その中心がセルヒオ・アグエロとラヒーム・スターリングである。彼らはそれぞれ9ゴールをマークし、“シチズンズ”(シティの愛称)を牽引している。
その他にもダビド・シルバとレロイ・サネが6点を挙げ、今季から新加入のリヤド・マフレズとベルナウド・シウバが5点、イルカイ・ギュンドアンが4点、ロベルト・フィルミーノが7点と続く。このように幅広く、多くの選手が得点を産んでいるのが特徴だろう。対するユルゲン・クロップ率いる“レッズ”(リヴァプールの愛称)は、モハメド・サラーの13点を挙げ、今季から新加入のリヤド・マフレズとベルナウド・シウバが5点、ガブリエウ・ジェズスが3点と続く。
そして彼らに加え、インサイドハーフとして新たな境地を開拓したジェルダン・シャチリを忘れてはならない。スイス人はすでに6得点を稼いでいる。また、リヴァプールにはアリソン・ベッカーという“壁”が存在し、ここまでに喫した失点は僅か8となっている。
この牙城を破らなければペップ・シティが目標を達成することはない。いずれにせよ、今季のプレミアリーグの行方を左右する大一番から目が離せない。

 
ref
 

つづりくん@iti @iti_CW

メイドさんが喫茶店じゃなく会えるのってイバラシティ凄いです。ケイくんとのロール見てて訪問販売のラインナップが気になる次第

宮崎県を勝手にPR @miyazakikenpr

【宮崎県日向市】 日向市随一の?シティホテル「ホテルベルフォート日向」に泊まってみた。ビジネスホテルには無い余裕が魅力?

京成AE100形bot@今までありがとう @keisei_AE100bot

成田スカイアクセス線開業後は「シティライナー」の愛称で京成本線経由の京成上野〜成田空港間を結ぶ車両として活躍していました。 2015年12月5日のダイヤ改正で「シティライナー」が廃止となり、11月29日に最後の定期シティライナーの運行を終えました。

情報通の森@相互フォロー100% @info_tsu

ホテルJALシティ四谷 東京 東京 ホテル 旅行 観光 東京ホテル 東京都

りょう@1/13CC大阪4号館ア3a @atelier_bucha

コミックシティ大阪118参加情報 | りょう pixiv  支部におしながきなど情報投下してきました~!

コメントは受け付けていません。