ドイツ代表レーブ監督、アーセナル施設を訪問しエジルと接触を図るが失敗

2018 FIFAワールドカップ ロシア終了後にドイツ代表からの引退を表明したアーセナルMFメスト・エジルに対してドイツ代表のヨアヒム・レーブ監督とマネージャーのオリバー・ビアホフ氏が接触を図ったが、失敗に終わっていたようだ。

 
ref
 

梅ちゃん推し @0811umechanoshi

以下の監督を獲得したことを公表します。 ヨアヒム レーブ(ドイツ代表監督) グスタブォ エンリケス(モウリーニョ/前マンチェスターU監督)

YAMDA君 @YAmkei5

そして、ヘルリッヒ監督はドイツ代表監督に収まり、 レーブが、ミュンヘンの監督に降臨し、 コバチガレバークーゼンへ降臨する... そんな、未来が僕は見たいです笑

ラーム @lahmdori

ドイツ代表のロシア戦とオランダ戦、W杯の時からメンバーが大幅に変わって復調してきた感じはあるのでこのままレーブでユーロまで頑張って欲しい

Toripletta⚽️攘夷派駆逐兵団 @toripletta

レーブはフランス戦は結果ほどは悪くなかったので、立て直しは道半ばではあるが、DFBが内容も評価していれば結果だけで判断しがちなマスコミが思う程は解任に近いとは思わないが、ドイツ代表も新たなサイクルを始めないといけない時期なので難しいから解任される可能性も十分あるのは確か

くま @stormscreaming

レーブ監督、代表引退のエジルの態度にガッカリ 他者にガッカリするやつにろくなやついない説。 「メストはいなかった。我々と話したがっていない理由は私も分からない」とか言っちゃってるし、ドイツサッカー協会会長並のクソ野郎発言キタコレ アーセナル メストエジル

コメントは受け付けていません。