帝京長岡 晴山、新潟県勢初ハット「チーム勝てばいい」

◇第97回全国高校サッカー第2日 帝京長岡6―0高知西(2018年12月31日 浦和駒場)  帝京長岡の2年生FW晴山が今大会第1号ハットトリックを達成した。
自身は9月のプリンスリーグ北信越・長岡向陵戦(4得点)以来、高校入学後公式戦2度目。晴山は「チームが勝てばいいと思っていた。おまけでハットトリックがついてきて良かった」とはにかんだ。
主力は8月に開催された全日本U―18フットサル選手権大会で優勝。晴山は6試合で12得点を挙げてMVPに輝いた。今大会の目標を聞かれ「まずはチームで優勝すること。」
「おまけで得点王がついてくればいい」。フットサルに続くチームと個人でのタイトル奪取を見据えている。▼高知西・寺尾監督 早い段階で失点してしまった。

 
ref
 

待男 @tapefu

帝京長岡といえば特殊な校風で学費が高いってイメージがあるな。この子はスポ薦じゃないとかそんな感じかね。

スポニチ・サッカー記者ツイート @sponichisoccer

帝京長岡 晴山、新潟県勢初ハット「チーム勝てばいい」

コメントは受け付けていません。