ミラン売却から1年半、ベルルスコーニ氏がサッカー界へ復帰…28日に伊3部で再出発

かつてミランの名物会長として知られたシルヴィオ・ベルルスコーニ氏が28日にも、約1年半ぶりとなるサッカー界復帰を果たす。
ベルルスコーニ氏は1986年2月から31年間にわたってミランのオーナーとして活躍。イタリア国内、ヨーロッパ、世界のタイトルを合わせて29個獲得するなど、ミランの黄金期を築いた。
またアッリゴ・サッキ氏やファビオ・カペッロ氏を監督に迎えたことで、現代サッカーの発展にも寄与した人物として知られる。昨年4月にリー・ヨンホン氏率いる中国グループにチームを売却したが、新体制が苦境に陥ると、「もしこのような状況が続くようであれば、そのうち私がミランを買い戻すかもしれないなどと話し、サッカー界復帰へ意欲を見せていた。モンツァが拠点を置くスタディオ・ブリアンテオは、ベルルスコーニ氏が自宅を構えるアルコレからわずか数キロほどの距離にあるほか、ガリアーニ氏がクラブ幹部としてのキャリアをスタートした場所でもあり、2人にとって理想的な再出発の地であると言える。」

 
ref
 

ルカ @acmilankaka2007

デフレル売却対象だし、ヴェルディは怪我もあって出遅れて試合に出れて無いからレンタルの可能性もありそうだからミランの名前とりあえず出しとくかぐらいのノリの気がしてならない。

超ワールドサッカー @ultrasoccer

【噂】ミランがデウロフェウ復帰を熱望もワトフォードは売却意思なし ワトフォード は バルセロナ から今季獲得した ジェラール・デウロフェウ を売却するつもりはないとのこと。一部報道では3000万ユーロ(約37億4800万円)とも言われているが…[SkySports]

円盤人 @enbanjin

やはり7月、FWムトゥをACミランへ売却。3.7億円。 しょっちゅう代表で抜けること、スーパーサブがメインとはいえ昨季4Gと不発だったこと、成長が円熟期を迎えたこと、EU外枠を圧迫しガリードンTVとの契約に影響することなどから、1年で放出。 嫌なとこに売ってしまった気もするが……。 サカつくEU

ぐちぃ @gu_ti14

Gazzetta dello Sport ミランは冬の予算を充実させる為にチャルハノールの売却に動くだろう。ミランはライプツィヒと€2200万で合意している。ガットゥーゾの承認だけが足りない状態。リーノはパケタの適応が進んでから放出したい考え。放出すれば年俸込みで€4200万の節約になる。

ぐちぃ @gu_ti14

カルバネリSD 『センシのミラン移籍?国内外から関心を貰っているが、我々は彼を失いたくないし冬の売却はない。ダンカンも同様だ。』

ぐちぃ @gu_ti14

SportMediaset チェルシーはセスクをミランに売却したい考えがあるようだ。セスクもイタリアでのプレーを望んでいるが、成立するには€1000万からの値下げが必須だろう。

しぽごろ@FIFA19予算0ベティス @shipogoro

マンディはシティへ放出。 サナブリア売却益の余りと合わせた資金でミランからロマニョーリ獲得に成功。 予算0ベティス FIFA19

コアラン @koalanApp

年中楽しみたい。 「ミラン売却から1年半、ベルルスコーニ氏がサッカー界へ復帰…28日に伊3部で再出発...」 (by News - 日本語) 人生もゴールを決めなきゃなw フットサル好き サッカーnews

コメントは受け付けていません。