ミラン売却から1年半、ベルルスコーニ氏がサッカー界へ復帰…28日に伊3部で再出発

かつてミランの名物会長として知られたシルヴィオ・ベルルスコーニ氏が28日にも、約1年半ぶりとなるサッカー界復帰を果たす。
ベルルスコーニ氏は1986年2月から31年間にわたってミランの黄金期を築いた。
またアッリゴ・サッキ氏やファビオ・カペッロ氏を監督に迎えたことで、現代サッカーの発展にも寄与した人物として知られる。昨年4月にリー・ヨンホン氏率いる中国グループにチームを売却したが、新体制が苦境に陥ると、「もしこのような状況が続くようであれば、そのうち私がミランを買い戻すかもしれないなどと話し、サッカー界復帰へ意欲を見せていた。モンツァが拠点を置くスタディオ・ブリアンテオは、ベルルスコーニ氏がクラブ幹部としてのキャリアをスタートした場所でもあり、2人にとって理想的な再出発の地であると言える。」

 
ref
 

コアラン @koalanApp

年中楽しみたい。 「ミラン売却から1年半、ベルルスコーニ氏がサッカー界へ復帰…28日に伊3部で再出発...」 (by News - 日本語) 人生もゴールを決めなきゃなw フットサル好き サッカーnews

コメントは受け付けていません。