魅力的な攻撃の連続から一転、失速した國學院久我山。さらなる質と逆境乗り越える“強さ”身につける

[9.23 都1部L第16節 國學院久我山高 1-3 成立学園高 國學院大學たまプラーザキャンパスG]  序盤、國學院久我山高は非常に魅力的なパスワークを展開していた。
エースFW宮本稜大(3年)といった個の突破も織り交ぜて成立学園を攻め立てた國學院久我山は21分、高橋、大窟と繋いで右サイドへ展開。最後は戸坂のクロスを宮本が頭でゴールへ突き刺して先制した。前半35分には高橋のスルーパスから宮本が頭でゴールへ突き刺して先制した。前半35分には高橋のスルーパスから大窟が決定機を迎えた。
加えてセットプレーからもチャンスを作られてしまう。前半こそ1-0のまま終えたが、後半立ち上がりに2失点。
成立学園が前からのディフェンスで攻勢を強める中、受け身なパス回しとなってしまったチームは23分にも失点してしまう。前半に良かった選手たちのミスも増加。後半、チャンスがなかった訳ではないが、上手くいかない時にパフォーマンスを落とすことなく戦い切ることはできなかった。
清水恭孝監督は「久々に悪いゲームでした。ミスが多すぎる。失点のところは集中力の欠如でした。」
ロストの仕方が悪かったですし、きょうはエネルギッシュではなかったですねとコメント。そしてさらなる質と、「市船(市立船橋)や(青森)山田は悪いゲームの時でも勝ち切っちゃうという“強さ”を継続的に求めていくことを口にしていた。インターハイでは神戸弘陵高(兵庫)と星稜高(石川)をいずれも3-0で突破して16強。」
V候補・大津高(熊本)に力負けしたものの、指揮官が「上手くいけば近年で一番良い。面白いチームになる」と感じるだけのポテンシャルが今年のチームにはある。アグレッシブさも表現して良い時間帯になっている際の攻撃は本当に止めることが困難。
その時間帯を増やし、苦しい時間帯を乗り越える“強さ”も身に着け、選手権では観衆を沸かせながら勝ち上がる。

 
ref
 

どっかの監督さん @lead_hb

やっぱり国士舘は魅力的な野球するんだよな。でも、試合中に攻撃を休む、継続してできない。 4季連続のベスト4は伊達じゃない。それに見合うだけの理由がある。あとは魅力的な攻撃をずっと続けてくれればみんなファンになる。

hiroto @hiroto93217101

魅力的な攻撃の連続から一転、失速した國學院久我山。さらなる質と逆境乗り越える“強さ”身につける gekisaka

ともきち @tomokiti233

片手は連続的な攻撃が魅力。丸薬があればダメージも稼げるし、操作性もシンプル。攻撃からの回避も早いし、ガードしながらだとアイテムも使える。 チャアクはとにかくビン溜めて高出力属性解放切り!弱点に当たれば大体怯む。これもだけど、やってて気持ちいいのもある。

秋生 @akimaturi0w0

フライヤAFで50パッシブ赤字揃えるの前提だけど攻撃と最大BRV上がるの魅力的だわwwドラゴンブレスが連続剣なのもいいし!唯一残念なのが顔…鼻今すぐ修正してwww

みやさん @miyacchi_soa

ログリード攻撃は低そうですが、開幕、2ターン目と連続で分散ダメ技撃てるのはかなり魅力的なんですよね

コメントは受け付けていません。