[MOM2617]成立学園FW窪田稜(3年)_金沢内定FWが桁違いの速さ見せつけ、ゴラッソも

[高校サッカー・マン・オブ・ザ・マッチ] [9.23 都1部L第16節 國學院久我山高 1-3 成立学園高 國學院大學たまプラーザキャンパスG]  元日本代表MFの成立学園高・宮内聡総監督も「素晴らしいゴールでしたね」と唸っていた。
前半18分にはDFを置き去りにしたが、シュートをGKのファインセーブに止められていた。それでも0-1の後半5分、CB照山颯人主将(3年)からのロングフィードを左サイドでコントロール。
対応したDFを一旦背負ってからスピードアップする。サポートの遅れた相手DFが寄せる前にミドルレンジから右足を振り抜くと、ドライブ回転のかかったボールがゴール左隅に突き刺さった。「自主練であのカットインしてからのシュートはファーとニアに蹴っていました。」
最初はファーに寄っていたので、ニアに強いシュートを打ったらドライブ気味にかかって上手くいきました まさにスーパーゴール。だが、チームメートたちが興奮した表情で駆け寄る一方で窪田はあまり喜んでいないように映った。「それまで負けていましたし、自分、普通に前半からチャンスがあったので。」
早く逆転のことを考えていたので冷静になれたと窪田。落ち着いて試合に戻ったエースはその4分後にDFを上手く引きつける形でMF八木橋俊介(3年)の決勝ゴールをアシストし、その後も鋭いドリブル、抜け出しで危険な存在になり続けていた。8月31日に来季からの金沢加入が内定したことが発表された。
そこで意識が変わるというのは金沢の方からも言われて、自分にはプレッシャーはないんですけれども、「あれでJリーガーになれちゃうんだみたいなことを言わせないために、もっと日々成長を目指す中で迎えたこの日は、圧倒的なスピードで止まらない存在に。」
本人は「スピード以外でも打開できるようになりたい。小林悠選手の裏の抜け出し方とかボールの収め方、あと一発のターンでシュートまで持っていく技術を見ていて、そのプラスアルファで自分の武器のスピードあるドリブルの部分は加えていきたい」とまだまだ成長に貪欲だが、強豪相手に「さすがJ内定選手」というパフォーマンスだった。元千葉の五十嵐和也監督も「ウチのストロングポイントです。
声出して周りを鼓舞するところや勝負に対する気持ちも強い。Jが決まって責任感、エースの自覚が芽生えてきましたと頷く。昨年の東京都1部リーグ得点王(12得点)は今年も11得点と量産しているが、ゴールだけではない部分でチームを牽引している。
昨年は選手権のピッチに立つことは絶対の目標だ。「自分が裏抜けた時のスピードとサイドでボール持った時にブッちぎるところを見てもらいたいです。」
去年は決勝戦で自分が点獲れなくて2年連続決勝で負けている。口だけじゃなくて練習から全力でやって、自分が点獲れなくて2年連続決勝で負けている。口だけじゃなくて練習から全力でやって、自分が点獲れなくて2年連続決勝で負けている。

 
ref
 

窪田 稜 @RYO1003012964

[MOM2617]成立学園FW窪田稜(3年)_金沢内定FWが桁違いの速さ見せつけ、ゴラッソも gekisaka

窪田 稜 @RYO1003012964

【写真特集】金沢内定の成立学園FW窪田稜が50m走5秒9の快足披露。圧巻ミドル弾も(6枚) gekisaka

小西璃空 @12161315610riku

高体連J内定選手一覧 関川郁万 流経大柏→鹿島 相澤ピーターコアミ 日本文理→千葉 窪田稜 成立学園→金沢 宮崎純真 山梨学院→甲府 ※報道 中山陸 東海相模→甲府 村田透馬 興国→岐阜 起海斗 興国→山口 中川裕仁 興国→愛媛 三国ケネディエブ…

えまえま @bomfimdesemana

来期楽しみやな〜 zweigen [MOM2617]成立学園FW窪田稜(3年)_金沢内定FWが桁違いの速さ見せつけ、ゴラッソも(ゲキサカ) - Y!ニュース

コメントは受け付けていません。