ラングレを庇うブスケツ「相手を狙ったものではない」

セルヒオ・ブスケツは、FCバルセロナ対ジローナのダービーで重要な場面となったクレマン・ラングレの退場にについて言及している。
またブスケツは、「VARの運用には賛成だ。しかし、全ての選手に対して同じ基準であるべきだと語っている。試合に大きな影響を及ぼしたジーサス・ギル・マンザーノによるミスジャッジを残念に思っており、「退場まで我々は優れたパフォーマンスを披露していた。」
1人少ない10人での戦いにより、試合がバルサにとって非常に難しくなった。しかし、フィジカル的にハードワークし、もう少しで勝つことさえできた試合だったと述べている。最後に、同選手は、優れたパフォーマンスを見せて勝ちたいと思っている。
しかし、シーズン序盤は、どのチームにとっても難しいものだと語り、楽観的に受け止めている。

 
ref
 

テスタ【うち吸・死05】 @tesuta666

トリトマだからまだ自キャラしかフォローできてないから適当にラングレさんとカベちゃんにいいねおくったところでアンダインに気づいて反射的にいいね送ったしよくみたらアルフィーもいたから笑った

コメントは受け付けていません。