バルサとエスパニョール 良好なライバル関係を望む

FCバルセロナが敵地エスタディオ・コルネリャ=エル・プラットで行われるラ・リーガ・サンタンデール第15節を前に再びピケとエスパニョールの関係による論争が巻き起こっているが、両チームの監督は“フェアプレー”を強調し、試合前にこの論争に対して火に油を注ぐことは避けている。
まだ起きていないことを心配する必要はないし、ピケが大きな問題になると考える必要もない。ピッチ内が最高な雰囲気になることを望むと説明し、スポーツマンシップを主張している。また、バルサの監督バルベルデは、関係性を適当にしなければならない。
もちろんライバルではあり、ピッチ上では仲良し子よしはないが、クラブ間と選手間の関係は良好だと述べている。

 
ref
 

卍φな〜り〜φ卍 @ybzf4cqkd

バルサとエスパニョール 良好なライバル関係を望む() - Yahoo!ニュース

コメントは受け付けていません。