【二宮寿朗の週刊文蹴】大迫は悔しがる気持ちが「半端ないって」

今年の新語・流行語大賞に「(大迫)半端ないって」が堂々、トップテン入りを果たした。
半端ない。その意味は「ものすごい」が最も近いだろうか。屈強な外国人相手とのフィジカル勝負に負けないプレーも半端ないのだが、大迫の姿勢そのものがとにかく半端ない。
悔しい経験があると彼は人の何倍も何十倍もトコトン悔しがる。前回の14年ブラジルW杯がまさにそうだった。初戦のコートジボワール戦、2戦目のギリシャ戦に先発起用されながらゴールを奪えず、チームも1次リーグ敗退に終わった。
彼は厳しい表情のままグッと唇をかんでいた。「悔しさしか残っていないというか、自分のふがいなさというか…。ただ、このままじゃ終われないし、これで終わっていたらダメだから チームメートによればブラジルから移動する飛行機の中でも大迫は「悔しい」を連発していたという。
時間がたてば悔しい気持ちは次第に薄まってしまうもの。しかしむしろそのレベルは引き上がっていた。ブラジルW杯から1年後にインタビューした際「マジでリベンジがしたい。」
あのときは力が足りなかった。今、一歩でも半歩でも進んでいると信じていると言葉に力をこめていた。ロシアの地で見事リベンジを果たしながらも、ベルギー戦の逆転負けが心に火をつけている。

 
ref
 

総合スポーツ速報!!相互フォロー! @sakura110ban55

【二宮寿朗の週刊文蹴】大迫は悔しがる気持ちが「半端ないって」(スポーツ報知)

コメントは受け付けていません。