浦和、少ない好機キッチリ 柏木「最高の喜びを」 天皇杯

サッカーの天皇杯全日本選手権準決勝で、浦和は鹿島を1-0で破り、3大会ぶりの決勝進出を決めた。
殊勲のブラジル人は「最後まで戦ったからこその結果」と胸を張った。前日練習に早朝から駆けつけ、80本以上の横断幕で送り出したサポーターの思いに応えた。
槙野は前半11分、自軍ゴール前で鹿島の鈴木に体を投げ出しブロック。「流れが悪い時こそ気迫あるプレーが流れを持ってくると右拳を振り上げた。リードして迎えた後半に興梠、武藤、青木が負傷交代するアクシデントも守備ブロックを固め、乗り切った。」
J1を5位で終え3位以内に与えられるアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)出場権を逃した。天皇杯優勝は昨季王者に輝きながら、今季舞台にすら立てなかったACLへの切符を手にする最後のチャンスだ。主将の柏木は「最高の喜びを分かち合いたい」。
12大会ぶりの戴冠とともにアジアの舞台へ返り咲くことを誓った。

 
ref
 

パラボス-ソロ獣-サード・シーズン @exparanoiaboss

浦和戦以外では、初めて(❔)鹿の試合をフルタイムで観た。 こんなに持ってないチームだったのか……。 ゲーム頭の好機外して~徹底的に枠に嫌われる。 右サイドはイマイチ機能せず。 左は悪くないが、ゴール割れぬ間に追加失点。 チームとしても、個としても相手が2、3枚上の印象しかない。

コメントは受け付けていません。