川淵三郎氏「優勝皿見ると思い出す」J1清水副社長兼GM、久米一正氏合同葬に参列

Jリーグの創設に事務局で尽力し、11月23日に63歳で死去したJ1清水の副社長兼ゼネラルマネジャー(GM)、久米一正氏の葬儀が4日、都内の増上寺で営まれ、初代チェアマンの川淵三郎氏や親交の深かった前日本代表監督の西野朗氏ら約500人が参列した。

 
ref
 

名人 @meijin0609

西野氏、“盟友”久米氏に感謝「人生、全て導かれた気がする…」告別式が4日、都内でしめやかに営まれ、サッカー関係者ら400人近くが参列。川淵三郎氏はJリーグのシャーレ製造の発注を故人に一任していた逸話を明かし「シャーレを見るたびに彼を思い出してほしい」と話した

コメントは受け付けていません。