アレニャ「カンプ・ノウでゴールを決めることが夢だった」

リーガ第14節ビジャレアル戦で2-0の勝利を収めたバルサが首位に返り咲いた。
「カンプ・ノウでゴールを決めることが夢だった」と語るアレニャは、「メッシはすべてを簡単にしてくれると、アシストしてくれたキャプテンにも感謝の言葉を述べた。この試合で対戦したビジャレアルについては、「サンティ・カソルラやパブロ・フォルナルスなど優れた選手が揃っているチームだ。後半にはポゼッションも取り戻してきて、簡単な相手じゃなかったとコメント。
紺も勝利の重要性を強調した。アレニャは最後に「今日のデンベレはすごかった。ああいうプレーに対しては、ちゃんとスタンドから拍手を送る観客の姿勢も気持ちがいいよね」と、チームメイトの活躍とファンの行動を賞賛している。

 
ref
 

小田 紘也(おだ ひろや) @ohiroya0423

スポルト紙一面(12月5日)は、ラフィーニャの長期離脱を受けてカンテラーノのアレニャがトップチーム登録されたことを取り上げて、『アレニャという補強』の見出し。

コメントは受け付けていません。