[弱視クラス]FC SFIDAつくばが残り20秒で千葉が逆転弾。Grande Tokyoを振り切り、優勝

【ブラインドサッカー東日本リーグ2018 第8節(弱視クラス)】(2日、小石川運動場) Grande Tokyo 1-2(前半0-0)FC SFIDAつくば 前半は文京区に本拠地を置く地元・Grande Tokyoが押し気味に試合を進める。
しかし、FCSFIDAつくばは同13分、千葉翔太がGKのパスをカットし、中央につめていた千葉が右足で押し込み、土壇場で逆転に成功。
チームを優勝に導いた千葉は得点王にも輝いた。得点者[GrandeTokyo]前半GK1上原隼斗FP7小室智也FP13鳴瀬未来FP15千葉翔太監督松井康【注】GKはゴールキーパー、FPはフィールドプレーヤー、番号は背番号●障がい者サッカー特集ページ。

 
ref
 

鈴木康夫⚽️不整脈と闘い勝つフットボーラー @BajioBurasaka

関東地方だけしかないロービジョンフットサルチーム。他の地方にも普及させたい。 [弱視クラス]FC SFIDAつくばが残り20秒で千葉が逆転弾。Grande Tokyoを振り切り、優勝(ゲキサカ) - Yahoo!ニュース

コメントは受け付けていません。