本田圭佑が3戦連発&チームが4ゴールも満足しない理由「結果は問題ではない」

オーストラリア・Aリーグ1年目から素晴らしい活躍を見せているメルボルン・ビクトリーの本田圭佑だが、まだまだ満足していないようだ。
それでも、本田は「まだ満足していません」と話し、こう続けている。「もっと良くなれると思っています。今日は僕も点をとって、チームも4得点しましたが、ミスも多かったです。
僕にとって結果は問題ではなくて、ここで人々をどう幸せにするかが重要。サッカーはエンターテイメントで、ファンのためのもので、彼らのために点を取らなければならないし、アグレッシブである必要がありますまた、この試合ではPKのチャンスがあったが、今季ここまでキッカーを務めてきた本田ではなく、コスタ・バルバルセスが決めた。
本田は「大抵は自分が蹴りますが」と話しつつ、このように明かした。「僕にとって誰が決めるかはそんなに大したことではない。僕のパフォーマンスはどうでもよくて、重要なのはチームが勝つこと。

 
ref
 

ニュース速報(一般紙系) @FastNewsJP_

[時事]本田が3試合連発=豪サッカー サッカーのオーストラリアAリーグで1日、メルボルン・ビクトリーの本田圭佑はホームのウエスタンシドニー戦にフル出場し、前半11分に先制ゴールを挙げた。3試合連続の得点で今季4点目。チームは4―0で大勝して4連勝。

コメントは受け付けていません。