磐田 あと30秒…OGで残留一転、まさかのPO“転落”

◇明治安田生命J1最終節 磐田1―2川崎F(2018年12月1日 等々力)  今季リーグ最終戦9試合が各地で行われた。
目前に迫った来季のJ1。だが数秒後、一気に16位まで転落する悪夢が待っていた。後半アディショナルタイム4分。
川崎FのMF家長に右から折り返しを許す。DF大井が必死にクリアを試みるが、右足に当たったボールは無情にもゴールラインを割った。続くキックオフ直後に終了の笛。
ピッチの中の全員がぼう然とした表情を浮かべる中、名波監督は地面に膝をつき、しばらく立ち上がれなかった。敗れても残留が決まる可能性はあったが、14位湘南、15位鳥栖、16位名古屋が全て勝ち点を上積み。12位の横浜を含めて5チームが「41」で並んだが、得失点差で16位となった。
名波監督は会見で「今はこの残酷な結果を受け止めるのに必死」とぶ然とした表情。5試合ぶり先発のMF中村は「ボールを持たれるのは分かっていた。ただ最後の数分まではプラン通り」と振り返った。
今季リーグ最多57得点を誇る川崎Fに序盤から粘り強い守備で対応。無失点を続け、後半33分にFW大久保の“恩返しヘッド”で均衡を破った。今季ここまで9戦負けなしの先制点を奪ったが、5分後にセットプレーから失点。
最後は優勝チームの猛攻に屈した。古巣相手に自身が持つJ1歴代最多得点を184に更新した大久保は「今季一番自分のチャンスは多かった」と手応えを明かすも、表情はさえなかった。だが、失意の敗戦もまだ降格が決まったわけではない。

 
ref
 

PGM21 @pro_g_mania21

1番ショックなのはオウンゴールにしてしまった大井だと思う。残りワンプレーを防げなかったショックがプレーオフで果たしてどんな影響を及ぼす事になるのか?磐田 あと30秒…OGで残留一転、まさかのPO“転落”― スポニチ Sponichi Annex サッカー

コメントは受け付けていません。