【浦和】DF槙野が自身2度目の警告なしシーズン

◆明治安田生命J1リーグ 第34節 浦和3―2F東京(1日・埼玉スタジアム)  J1浦和の日本代表DF槙野智章(31)が今季最終節のホーム・F東京戦にフル出場し、3―2の勝利に貢献した。
激しい守備が持ち味のストッパーとして、フェアプレーに徹した証しでもあった。槙野は「5位でフィニッシュしましたが、最初につまずいたり、色んな事があった。自分たちが残留争いをしていてもおかしくなかった。」
来年、タイトルを狙う上で今のままではいけない。今いる選手も変わらないといけないと振り返った。5日には天皇杯準決勝の鹿島戦(カシマ)が控えており、来季のACL出場権を獲得できる12大会ぶりの天皇杯制覇を目指す。

 
ref
 

三河 丈七 @m_jshch

彼はJリーグの顔。中村憲剛選手や小笠原満男選手のようにチームのレジェンドとなれるかは、まだまだ。でも期待はしている。 【浦和】DF槙野が自身2度目の警告なしシーズン(スポーツ報知) - Yahoo!ニュース

コメントは受け付けていません。