中島・南野・堂安“三銃士”競演で3連勝へ BIG3超える

日本代表は16日に親善試合でベネズエラと対戦する。
冒頭15分間公開された最終調整。先発出場が濃厚な堂安、南野、中島はリラックスした表情でランニングなどをこなした。堂安は「皆がスペースを見つける能力がある」と互いの相性の良さを強調すれば、中島は「合宿も3回目。
2列目の精度は上がっていると連係向上に自信を見せた。釜本邦茂氏以来となる新体制発足後4戦連発が懸かる南野も「(釜本氏は)もちろん知っています。勝利が最優先だけどその中で自分の得点で貢献できれば良いと結果にこだわる姿勢を示した。」
偉大なる先人たちの記録超えが懸かる。本田圭佑、香川真司(ドルトムント)、岡崎慎司(レスター)長年、日本サッカー界をけん引した3人が初めて同時出場したのが、10年9月4日の親善試合パラグアイ戦だった。
同戦、続くアルゼンチン戦は勝利。11年1月のアジア杯1次リーグ初戦ヨルダン戦は勝利。11年1月の親善試合コスタリカ戦で初競演。
同戦、そしてウルグアイ戦で勝利しており、ベネズエラも撃破すれば本田らが成し遂げていない3連勝を手にする。「他の人たちは分からないけど、インターネットとかでもそういう記事を目にするし、僕は少なからず意識するところがある 堂安は「その人たちを超えることが目標ではなく、自分たちの目標へ突き進む」と前置きした上で本田らと比較されることに笑み。本田たちはトリオ結成後から強固な信頼関係を築き、11年のアジア杯を制覇した。

 
ref
 

伊藤 真治 @110_2288

大分銀行ドームで、 サッカー日本代表戦 今夜キックオフ❗❗ 南野選手、堂安選手、中島選手 若手の躍動を観たい❗

コメントは受け付けていません。