バルベルデが熱く語る『ヨハン・クライフ』という神の存在

「もし、自分達がボールを持っていれば、相手はボールを持っていない」と説き、オランダの神話的存在であるヨハン・クライフは、ポゼッションフットボールを通して歴史を作った。
カタルーニャラジオのジャーナリスト達が、クライフの戦術マニュアルの分析や奇抜な人柄などについて語られたこのトークショーを盛り上げている。また、かつてバルサにおいてクライフの戦術マニュアルの分析や奇抜な人柄などについて語られたこのトークショーを盛り上げている。また、かつてバルサにおいてクライフの考えが、それまでの監督達のものとは大きく違い、衝撃的な変化だったと明かしており、「最初のシーズンは、悲惨だった。」
このトレーニングはいつ終わるのかと思ったよ。クライフが我々には難しすぎた。スタイルを変えただけでなく、新たなやり方を導入し、トレーニングにも影響を及ぼした。
今でこそ、みんな知っているが、その当時の我々にとっては、サイエンス・フィクションだったんだとプレスカンファレンスの時よりもリラックスした様子のバルベルデは語っている。エウゼビオもクライフとの思い出を回想しており、「一目惚れだった。バリャドリー、アトレティコ・マドリーでプレーした後にフィジカルでのハンディキャップがあるなかで加入した。」
ハンディキャップがあるにもかかわらず、自分のポジションを確保する必要があったんだ。そして、初日でダイヤモンド型の中盤において4箇所どこでもできる可能性があると思った。他のチームでは、1つの選択肢しかなかったんだ。
トレーニングは、パスで成り立っており、自分は歓喜したよ。自分のような選手がより存在感を示し、確固たる地位を築ける可能性があったんだ「そして、クライフとのプレシーズンは特に楽しかったよ。朝は森のなかでの競争し、午後は戦術的・技術的なトレーニングをしたよ。」
そして、オランダのアマチュアチームと試合をし、12~14ゴール奪ったよ。
そして、さらに驚いたのは、クライフが多くの選手達のポジションを変えたんだ。彼は、常識破りなことを色々とやった。若かった自分の目には斬新ですごく楽しかったよ。
彼とは直接の関わりはないけど、彼は天才であり、革新的だとみんなが同じことをいうねと説明している。監督ルビは、自身では意識していないかもしれないが多くのクライフのコンセプトを前提としている。「私の考えは、まず楽しむことだ。」
もし、日々楽しむことができなければ、困難だ。たまに忘れてしまう時もあるし、これは自分の言葉ではないことも認めなければならないと説明しながら、クライフの“ピッチに出て、思う存分楽しんでこい”というフレーズに言及している。次にバルベルデは、約30年前に敵地で行われたレフ・ポズナン戦でクライフの下でのバルサデビューを果たしており、「バルサに加入した当初、手術をしたばかりだったが、チームとともに敵地を訪れた。」
背番号14だったんだ。14だよ、何かが起こるかもしれないと思ったね。最初のプレーは、イエローカードに値するものだった。
その後、PKになり、自分は決めたよと冗談めかして語っている。なお、この試合に出場していたエウゼビオは、サイドバックをプレーしなければならない場面もあり、クライフの奇抜なアイディアを肌で感じることとなった。「全てが意味をなしていた。」
ボールを回し、ピッチの真ん中で数的有利を作り出すことの重要性について、ルビはクライフの信奉者であり、「ピッチ中央から生まれるゴールが大好きだ。」
クライフのセカンドラインの選手たちがエリアに侵入することが大切だという主張を支持している。
多くの成功を成し遂げ、信頼を得た。我々は、それを信じて継続できるように努めた。クライフもすべきことを確信していたとエウゼビオは語った。
そして、「史上最高の選手の一人について我々は語り、4-0で負けたとする。」
選手達は、いい試合だったと言うかもしれない。しかし、選手達の特徴に合わせた戦い方をしなければならないチームを指揮したこともある。
なぜなら、他のチームのように獲得したい選手を獲得できるわけでないからだ。そのような状況では、戦い方をチームに合わせる必要がある。アリツ・アドゥリスがいて、センターフォワードに起用しない理由がない。
自分の持ち札を知り、対応する必要がある。自分はそれが美徳だと思うねと語っている。

 
ref
 

【追加コンテンツ】少々お待ち下さい。

使用キーワード: バルベルデ ヨハン クライフ

使用代替キーワード: サッカー

コメントは受け付けていません。