バルベルデが熱く語る『ヨハン・クライフ』という神の存在

「もし、自分達がボールを持っていれば、相手はボールを持っていない」と説き、オランダの神話的存在であるヨハン・クライフは、ポゼッションフットボールを通して歴史を作った。
カタルーニャラジオのジャーナリスト達が、クライフの逸話についても語っている。バルベルデが口火を切り、クライフの逸話についても語っている。バルベルデが口火を切り、クライフの考えが、それまでの監督達のものとは大きく違い、衝撃的な変化だったと明かしており、「最初のシーズンは、生粋のリーダーであるクライフの逸話についても語っている。バルベルデが口火を切り、クライフの逸話についても語っている。」
このトレーニングはいつ終わるのかと思ったよ。クライフが我々には難しすぎた。スタイルを変えただけでなく、新たなやり方を導入し、トレーニングにも影響を及ぼした。
今でこそ、みんな知っているが、その当時の我々にとっては、サイエンス・フィクションだったんだとプレスカンファレンスの時よりもリラックスした様子のバルベルデは語っている。エウゼビオもクライフとの思い出を回想しており、「一目惚れだった。バリャドリー、アトレティコ・マドリーでプレーした後にフィジカルでのハンディキャップがあるなかで加入した。」
ハンディキャップがあるにもかかわらず、自分のポジションを確保する必要があったんだ。そして、初日でダイヤモンド型の中盤において4箇所どこでもできる可能性があると思った。他のチームでは、1つの選択肢しかなかったんだ。
トレーニングは、パスで成り立っており、自分は歓喜したよ。自分のような選手がより存在感を示し、確固たる地位を築ける可能性があったんだ「そして、クライフとのプレシーズンは特に楽しかったよ。朝は森のなかでの競争し、午後は戦術的・技術的なトレーニングをしたよ。」
そして、オランダのアマチュアチームと試合をし、12~14ゴール奪ったよ。他の監督ルビは、毎日が一瞬で過ぎていったよと話している。エスパニョールの監督の下でプレーしたことはないが、10代の頃に“クライフ革命”から多くのことを吸収したことを明かしており、「TVで見たことに衝撃を受けたよ。」
そして、さらに驚いたのは、クライフが多くの選手達のポジションを変えたんだ。彼は、常識破りなことを色々とやった。若かった自分の目には斬新ですごく楽しかったよ。
彼とは直接の関わりはないけど、彼は天才であり、革新的だとみんなが同じことをいうねと説明している。監督ルビは、自身では意識していないかもしれないが多くのクライフのコンセプトを前提としている。「私の考えは、まず楽しむことだ。」
もし、日々楽しむことができなければ、困難だ。たまに忘れてしまう時もあるし、これは自分の言葉ではないことも認めなければならないと説明しながら、クライフの“ピッチに出て、思う存分楽しんでこい”というフレーズに言及している。次にバルベルデは、約30年前に敵地で行われたレフ・ポズナン戦でクライフの下でのバルサデビューを果たしており、「バルサに加入した当初、手術をしたばかりだったが、チームとともに敵地を訪れた。」
背番号14だったんだ。14だよ、何かが起こるかもしれないと思ったね。最初のプレーは、イエローカードに値するものだった。
その後、PKになり、自分は決めたよと冗談めかして語っている。なお、この試合に出場していたエウゼビオは、サイドバックをプレーしなければならない場面もあり、クライフの奇抜なアイディアを肌で感じることとなった。「全てが意味をなしていた。」
ボールを保持し、我々が優勢だった。相手は、ワントップであり、我々が優勢だった。相手は、ワントップであり、我々が優勢だった。相手は、ワントップであり、我々のディフェンス陣には余っている選手が多くいたと説明している。
クライフのセカンドラインの選手たちがエリアに侵入することが大切だという主張を支持している。そして、選手達に戦い方を納得させるための人格の重要性について問われると、エウゼビオもバルベルデも、選手達が自分自身を信じるためにも結果を残すことが必要だと述べており、「我々は、多くの人々を楽しませた。」
多くの成功を成し遂げ、信頼を得た。我々は、それを信じて継続できるように努めた。クライフもすべきことを確信していたとエウゼビオは語った。
そして、「史上最高の選手の一人について我々は語り、4-0で負けたとする。」
選手達に教え込むのか、選手達の特徴に合わせて戦い方を考えるのかというフットボールにおける永遠のテーマについて、アスレティック・クルブでの監督経験を持つバルベルデは、いい試合だったと言うかもしれない。しかし、選手達が自分達のしていることを信じるためにも勝つ必要があるんだと強調している。一方で、監督が戦い方をしなければならないチームを指揮したこともある。
なぜなら、他のチームのように獲得したい選手を獲得できるわけでないからだ。そのような状況では、戦い方をチームに合わせる必要がある。アリツ・アドゥリスがいて、センターフォワードに起用しない理由がない。
自分の持ち札を知り、対応する必要がある。自分はそれが美徳だと思うねと語っている。

 
ref
 

あきさねゆう@サイバナ @saneyuu

んー。モビスタが1番わからない。いや、バルベルデはどんな状況でも自分のレースをするだろうけども、TTである程度の成績を残さないと勝てない昨今、キンタナには辛い気が。。 モビスターチーム戦力分析!【2019年シーズン】 …

kira @morata_love_

ルニン→クルトワ レギロン、アクラフ→マルセロ オドリオソラ→カルバハル ハビサンチェス→ヴァラン マルコス→カゼミロ ジョス→クロース バルベルデ→モドリッチ バスケス→ラモス ヴィニシウス→怪我しないベイル アセンシオ→ロナウド級のエース マリアーノ→点決めるベンゼマ これが理想形態()

クレのおにいさん @forcafcb20

現在調子が決して良くはないコウチを使い続けるバルベルデ。 あれ…昨季もだれかがそうだったような…アンドレ・ゴメ…ぐっ…頭が…。

コメントは受け付けていません。