急性白血病から復帰。新潟がDF早川史哉の契約を再開

アルビレックス新潟は12日、DF早川史哉の契約凍結を解除すると発表した。
しかし2016年4月に急性白血病と診断され、2017年1月から選手契約を一時凍結し、治療に専念していた。今回、早川が契約再開にいたるまで回復したことで凍結解除を決定。早川は今後も経過観察などの治療を継続しながらプレーしていく。
早川はクラブを通じ以下のようにコメントしている。「いつも温かいご声援をいただきまして、誠にありがとうございます。このたび契約を再開していただけることになりました。」
これからも直面するだろう課題に目を背けることなく、強い覚悟を持って臨んでいきたいと思います「早いもので造血幹細胞移植から2年という年月が過ぎようとしています。思い返せば本当にいろいろなことがありました。退院後にリハビリをスタートできたこと、ピッチでボールを蹴れるようになったことや、アカデミーの練習に参加できるようになったこと。」
また、本間勲さんの引退試合では、ビッグスワンのピッチに立てたということだけでなく、勲さんと一緒にプレーできました。そして、トップチームの練習に参加できるようになったことなど、僕にとってかけがえのない時間でした。サッカー面に限らず、小児病棟訪問や学校訪問、病院内ビューイングなどの活動を通じて、多くの経験を積み、たくさんの出会いもありました「契約再開までの出来事は、僕一人では決して成し遂げることはできませんでした。」
全てアルビレックス新潟というクラブの理解やサポートがあってこそ、実現できているということです。改めてクラブに感謝申し上げます「そして、常に励まし、支えてくださったアルビレックス新潟サポーターの皆さんをはじめ、ご支援いただきました全ての皆様に、深く御礼申し上げます。これからも自分が大事にしている「誠実」「全力前進」という言葉を胸に、一日一日を大切に過ごしていきたいと思います同クラブが開設していた「早川史哉選手支援基金」は総額27,239,305円の支援が集まり、早川の契約再開に伴い閉鎖が決まった。

 
ref
 

Sayuri @Sayuri87872028

私の主人も急性骨髄性白血病の診断を受けてまもなく1年。半年間の入院治療を経て自宅療養となり、治療は続きますが4月から職場復帰です。本人も家族も前向きであることが何よりも大事なことを学びました。リカコさんの気持ち、受け止めてます。お互い、前進あるのみです^_^

澤昌洋 @masahiro_15sawa

3歳になって間もない頃に、急性リンパ性白血病にかかりました。 あれから30年経ちますが、再発すること無く生活をおくれております。 池江選手の早期復帰を願ってます。

daffy @daffyashmom

父の末妹 あたしの叔母も19歳の時 急性白血病で亡くなった あたしが生まれる前で 会ったことない叔母 セピア色のセーラー服姿の遺影 子ども心にも切ない想いがあったな… でも時代が違うから 今では完治する病気だから 若いんだから東京オリンピックでなくてもいいよ! 必ず克服して復帰出来るよ!

金井ぽん太 @2FXELry2Jplbxyu

因みにうちも急性骨髄性白血病です。母も、骨髄バンクに登録して、骨髄をいただきました。

加藤順彦 ToGEAR.net @ykatou

「ひとモノガタリ 急性白血病と闘うJリーガー、復帰までの3年間」急性白血病と闘うJリーガー・アルビレックス新潟の早川史哉選手。壮絶な闘病生活、選手復帰を目指す3年間にカメラが密着した。ナレーターは俳優・向井理さん。:NHK総合にて、2月11日18:05~放送です。

医薬品bot @Iyakuhin_bot

「シクロホスファミド」はアルキル化薬。生体内で活性化後、腫瘍細胞のDNAを合成阻害する。多発性骨髄腫・悪性リンパ腫・乳がん・急性白血病・肺癌等に適用される。ペントスタチン投与中患者、重症感染症には禁忌。大量投与で出血性膀胱炎、心毒性。副作用は間質性肺炎、心不全。商品名エンドキサン

血液bot @ketsueki_bot13

【急性白血病の分類】まず急性骨髄性白血病(AML)と、急性リンパ性白血病(ALL)に分類される。FAB分類では、AMLはさらにM0〜M7の8種類、ALLはL1〜L3の3種類に細かく分類される。WHO分類は文字数が多くなるので省略。参考→

apathology2 @sirusiru3_bot

KOR-SA(CD66)は正常骨髄では骨髄系細胞のみ陽性を示す。急性リンパ芽球性白血病(ALL)では、フィラデルフィア染色体(Ph1)陽性例に特徴的に発現を認める。

血液bot @ketsueki_bot13

【血液腫瘍の大まかな分類】 ・急性白血病(ALL, AML) ・骨髄増殖性腫瘍(MPN):慢性骨髄性白血病はここに含まれる。 ・骨随異形成症候群(MDS) ・リンパ腫とその仲間 ・骨髄腫とその仲間

医学部生が知っておくべき知識 @igakubu_sei_bot

<急性骨髄性白血病(AML)/急性リンパ性白血病(ALL)> AML(貧血、発熱、出血傾向。白血病裂孔、MPO染色(+)。多剤併用化学療法。) ALL(発熱、貧血、出血傾向、中枢神経症状。MPO染色(-)。多剤併用化学療法)

医語呂 @156desu

【急性前骨髄性白血病補足】ファゴットはペルー性で森三中も持ってる。→ペルオキシダーゼ染色陽性、M3である。

イニシエーター @initiator_

抗がん剤 トラスツズマブ(ハーセプチン ) 「本剤と他の抗悪性腫瘍剤を併用した患者に、急性白血病、骨髄異形成症候群(MDS)が発生したとの報告がある。」 (添付文書 2011年11月 改訂 第21版 4頁) 投与によって、がんが悪化しませんように (-人-;)

血液bot @ketsueki_bot13

【急性骨髄性白血病(APL以外)の寛解導入療法】イダルビシン(IDR)またはダウノルビシン(DNR)と、シタラビン(AraC)を併用する治療が標準的(IDR+AraC、DNR+AraC)。

総合内科専門医のメモ帳 @sougounaika

遊走性関節炎の鑑別 ・細菌感染:リウマチ熱、髄膜炎菌、淋菌、ライム病、IE ・ウイルス性:HIV、風疹、HBV、HCV,エコー・コクサッキーウイルス ・膠原病:SLE(代表的)、Henoch-Schonlein紫斑病 ・その他:Whipple病、急性白血病

放射線の事実 @Radiation_facts

『 40歳の時に脳腫瘍が発覚。その後、42歳で悪性リンパ腫を、46歳で急性骨髄性白血病を発病 ...』 単なる病気好き。 トンデモ医学のお得意様。 治療をすればするほど、腸内細菌の種類も数も減っている状態。 健康な人なら綺麗なお花畑になる所が、どす黒い腸内なのかも。

コメントは受け付けていません。