「こびとサラー」の銅像、ネットで嘲笑の的に 母国エジプトで公開

【AFP=時事】英サッカーチーム、リバプール(Liverpool FC)に所属するモハメド・サラー(Mohamed Salah)選手の銅像が、母国エジプトで公開された後、インターネット上で嘲笑の的となっている。
また、1970年代に人気を博した英歌手レオ・セイヤー(LeoSayer)や米歌手アート・ガーファンクル(ArtGarfunkel)に似ているとの声や、「こびとサラーの像がつくられたという投稿もあった。像を制作したエジプトの他の有名人らをモデルとした自作品を紹介している。」
【翻訳編集】AFPBBNews。

 
ref
 

ゆめにっき辞典bot @yumenikki_bot

★世界★ 蝋燭の世界。入り口からずっと下に行ったあたりを高速で走っているこびとはエフェクト「こびと」をくれる。こびとが走っている側にあるピラミッドからはタイル通路へ。タイル通路の奥の赤いものをチェックで地獄へ。

まゆ @mayujx_116

【公演情報四国】 音楽劇『白雪姫と7人のこびと』 愛媛・香川・高知ツアー 11月24日(土)あかがねミュージアム(新居浜市) 12月1日(土)三豊市文化会館マリンウェーブ 12月8日(土)高知県立美術館 演出:西村和宏 振付:阪本麻郁 音楽…

コメントは受け付けていません。