昨季分の出場停止が明け、ブッフォンがCL再デビュー…「あの退場処分は不当だった」

パリSGはUEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)グループリーグ第4節でナポリと対戦。
そして出場停止が明けて臨んだ対戦相手は、かつて幾度と戦ったナポリ。ブッフォンは「ナポリの本拠地で簡単にプレーできる選手はいない」と語った。
「フットボール・イタリア」は「スカイスポーツ・イタリア」のインタビューを伝えている。「今日のパリSGは堅実に試合を運んだ。それは私たちがCLで上位に進むためには重要な判断だった。
ハーフタイムで調整を図り、ナポリは後半から攻撃に重きを置いてきたから、圧力にさらされたのは当然だ。ドローは互いにとって正しい結果となった 欧州CLの舞台に戻ってきたことについては、出場停止処分を科された退場劇にも言及した。2017-18シーズンの欧州CLの舞台に戻ってきたことについては、出場停止処分を科された退場劇にも言及した。
ブッフォンはR・マドリーも第1戦に同様のプレーをしたにもかかわらず、ファウルを逃れていたことを主審に猛抗議したブッフォンにレッドカードを提示していた。「マドリードでの信じられないレッドカードは、不当だと思っている。」
「本当に明白な判定だったら私だって審判に抗議なんてしない。私がしたということは、ちゃんとした理由があるんだ」。

 
ref
 

たろさ tarosa / ぼん @tarosanikki

めっちゃ嬉しそうな顔してるな笑 >>> 昨季分の出場停止が明け、ブッフォンがCL再デビュー…「あの退場処分は不当だった」(ゲキサカ) - Yahoo!ニュース

コメントは受け付けていません。