レアル加入後の出場率55%、メンタル&リーダーシップの欠如…スペイン人記者がベイルへの失望を語る

今夏にFWクリスティアーノ・ロナウドが去り、その代わりにレアル・マドリーのエースを務めることを期待されたMFガレス・ベイルだが、現状ではその役割を担い切れていない。
しかしC・ロナウドがいなければ必要不可欠ではなくなった。
新監督(サンティアゴ・ソラーリ監督)と臨んだホーム初戦で、再びレアル・マドリーの旗頭になることが期待された彼だったが、結局は期待外れに終わっている「ベイルに関する良いニュースは、もうずっと届いていない。まるで、この6年の負傷や欠場した試合を表しているかのようだ。もちろん負傷などの理由で、202試合の出場に対して103試合を欠場したのは、彼の責任とはならない。」
しかし、レアル加入以降の出場率が55%というのは、破壊的な数字であるカルピオ氏はまた、ベイルの問題はそうしたフィジカルのことだけではない。
メンタルやリーダーシップもそうだ。ソラーリは「彼はファンタスティックな選手だが、それを毎日にわたって示してほしい。彼にはスポットライトが当たっている」と語り、その自尊心を刺激しようとした。

 
ref
 

コアラン @koalanApp

年中楽しみたい。 「レアル加入後の出場率55%、メンタル&リーダーシップの欠如…スペイン人記者がベイルへの失望を語る...」 (by News - 日本語) 練習行きたい。 フットサル好き サッカーnews

けんけんjuventini @CR7_Juve

【 JP】 レアル加入後の出場率55%、メンタル&リーダーシップの欠如…スペイン人記者がベイルへの失望を語る

コメントは受け付けていません。