[東日本第6節 弱視クラス] CA SOLUA葛飾は前半に負傷退場者を出すもGrande Tokyoにドロー

【ブラインドサッカー東日本リーグ2018 第6節(弱視クラス)】(町田市立総合体育館) [11.4 Grande Tokyo 0-0(前半0-0)CA SOLUA葛飾]  日本代表―アルゼンチン戦の前座として行われた一戦は前半から波乱の展開。
横森寛典らが積極的にシュートを打ってきたが、足を出してコースを逸らしたり、スペースを埋める工夫をして、決定的な場面を作らせなかった。Grande Tokyoの猛攻を我慢する展開は続いたが、ゴールネットは揺らせず。0-0の引き分けで終わった。
得点者なし出場メンバー[GrandeTokyo]前半GK1細谷篤史FP10角谷佳祐 FP7竹村和志FP8岡晃貴FP14横森寛典後半GK1細谷篤史FP10角谷佳祐FP7竹村和志FP8岡晃貴FP14横森寛典監督栗橋健[CASOLUA 葛飾]前半GK1細谷篤史FP9丸山哲夫FP5大平英一郎FP11篠瀬翔平監督古川将士【注】GKはゴールキーパー、FPはフィールドプレーヤー、番号は背番号。

 
ref
 

Yasuo SUZUKI@ブラインドサッカーやってます @BajioBurasaka

弱視(B2/B3)の視覚障害者の為の競技がロービジョンフットサルです。ルールはフットサルと同じです。 [東日本第6節 弱視クラス] CA SOLUA葛飾は前半に負傷退場者を出すもGrande Tokyoにドロー(ゲキサカ) - Yahoo!ニュース

コメントは受け付けていません。