快足武器に地元愛媛内定のびわこ成蹊スポーツ大DF清川「見ている人が応援したくなる選手に」

来季から愛媛FCへ加入するびわこ成蹊スポーツ大のDF清川流石(4年=愛媛U-18)の加入内定記者会見が5日に、滋賀県大津市の同大で行われた。
 スピードが武器のサイドアタッカーが生まれ故郷でスタートさせるプロ生活での意気込みを口にした。会見は入口学長の「故郷に帰るということで良い循環が出来ている。この関係がずっと続いていければ良い。」
これから全国に名を轟かせる選手になって欲しいと続けた。
「高校卒業の時から4年間で心身ともに成長してくれた。彼の持っているスピードはプロに行っても武器になる。地元の選手として来季、大活躍して欲しい」。
そう口にしたのは児玉強化部長だ。愛媛では即戦力として考えられており、サイドからゴールに絡むプレーを期待しているという。会見途中には、なでしこジャパン元監督で現在はびわこ大の特別招聘教授などを務める佐々木則夫氏による花束贈呈も行われた。
大宮アルディージャのトータルアドバイザーを務める佐々木氏は「来季、もし大宮とやる機会があればそこそこやって頂き、他とやる時はがっちり頑張ってください」とエールを送った。アカデミーを卒業してからも愛媛の試合をチェックしているとい清川は、「今の愛媛FCは粘り強い守備と全員で攻撃するというサッカーにとても大事な部分が出来ている。川井(健太)監督の細かい指示を実行できると思うので、とても魅了されているとチームの印象を口にした。
プロで目標とするのは中学から大学までずっと背中を追い続けた愛媛アカデミー出身のMF曽根田穣(現・甲府)「見ている人が応援したくなる選手になれるように頑張りたいと話すように、自身も1年目からサポーターの心を掴むような活躍を誓った。」
会見の終盤にはびわこ大のチームメートからの質問も飛び出した。FW井上直輝(3年=立正大淞南高)の「自分たちもプロになりたい。なるためのアドバイスをください」という質問を受けた清川は「サッカーは11人でやるスポーツ。

 
ref
 

足立 雄吾 @Y3BCoJTWqH2yQJh

イケメンですね!イケメンやないですか! これは、、、女の子も呼べるっすねぇ( ̄▽ ̄) 快足武器に地元愛媛内定のびわこ成蹊スポーツ大DF清川「見ている人が応援したくなる選手に」 | ゲキサカ gekisaka

コメントは受け付けていません。