[MOM2681]桐光学園MF西牧蓮(3年)_意識変わったアタッカー、先発起用に応えて2得点!

[高校サッカー・マン・オブ・ザ・マッチ] [11.4 選手権神奈川県予選準決勝 東海大相模高 0-4 桐光学園高 等々力]  桐光学園高の鈴木勝大監督は4得点奪ったことよりも、無失点で試合を終えたことを評価していた。
先発チャンスを得たのは万能型アタッカーの西牧。「チームのために戦うとか、走るという部分を第一に考えていたという背番号13が、チームに貴重な2点目と3点目のゴールをもたらした。まずは後半9分、右中間でキープした西川が反転しながら逆サイドの西牧へスルーパス。」
これでGKと1対1となった西牧がGKの股間を通す左足シュートを決めた。さらに15分には、再び西川のパスを受けた西牧がGKの股間を通す左足シュートを決めた。
練習試合や紅白戦の時とかも結構、潤から良いパスが何度も来ているので、潤がボールを持ったらチームとしてチャンスになるかなと思っています 西牧は期待のストライカーとして横浜FC鶴見ジュニアユースから桐光学園へ進学。1年時のRookieLeagueではFW小川航基(現磐田)が桐光学園でつけた特別な番号「9」を背負い、選手権のメンバー入りも果たしている(選手権の番号は「24」)ただし、器用な半面、先発を勝ち取るだけの違いを生み出すことができず。
今夏、チームが全国2位になったインターハイは怪我もあってメンバー外となった。ただし、「チームに貢献できないという時期が長かった。残されているのは選手権。」
「そのことも分かっていたので、練習前の補強や練習後のストレッチや、練習前の補強や練習後のストレッチや、練習中に人一倍声出すとか意識を変えてきました」。練習で先頭に立って走るなど、姿勢が変わった西牧を鈴木勝大監督も見逃さなかった。
すると、西牧は献身的なプレーに加えて2ゴールと期待に応えてみせた。「9への憧れはあった。「小川くんの9番は1年生の時に重かったですし、3年目もつけたいなというのがあったんですけれども、なかなか監督の期待にも応えられなかったので、番号とか気にせずに試合に出たら結果を残したいと思っていましたと西牧。」
「思いをぶつけて勝利に貢献したいです」。出番を少しでも長く得るために練習でアピールを続け、再びチャンスを掴んで結果を残す。

 
ref
 

高橋直史 @j6Mc68tPR2iusBn

高校サッカー選手権 神奈川県2次予選 準決勝 2018.11.4 ⚽等々力陸上競技場 桐光学園 4-0 東海大相模 桐光学園、東海大相模に完勝で 三浦学苑とのリベンジ決戦に挑む❗️

mori @kimama77

後攻 中大 5内山君(②習志野) 8五十幡君(②佐野日大) 6牧君(②松本第一) 9吉田叡君(④佐野日大)=主将 DH 堀内君(④県岐阜商) 7大工原君(③桐光学園) 3田畑君(④浦和学院) 2古賀君(①福岡大大濠) 4石田君(①習志野) 先発投手 畠中君(②樟南)

のうん @honenzubiruma

「チャレンジャー」「絶対謙虚」。立ち向かう姿勢持って戦う桐光学園が40で神奈川準決勝突破!

コメントは受け付けていません。