[MOM2671]仙台育英GK佐藤文太(2年)_インハイでPK敗戦…元新潟GKの“金言”を糧に離れ技披露

[高校サッカー・マン・オブ・ザ・マッチ] [11.3 選手権宮城県予選決勝 仙台育英高1-1(PK3-1)聖和学園高 ユアスタ]  仙台育英高の城福敬監督が「彼はPKの時、守るのが下手でした。」
でも、これが高校生なんだよなと顔をほころばせながら、佐藤を讃えた。佐藤は今年のインターハイ1回戦の日章学園高戦でもPK戦を経験している。「あの時、自分は1本も止められませんでした。」
甘いコースもあったのですが、止められずに責任を感じました」。チームを救うことができず、大きな挫折を経験した。「インターハイ後、僕はアルビレックス新潟U-15出身なのですが、以前新潟でプレーしていた野澤洋輔さんの記事を読みました。
その時、「PKは蹴る瞬間まで待つ大切さを知り、自身のプレーを変えたという。大会前は毎日PK練習を行った。」
「毎日、PK練習をあれだけやって負けたら仕方ありません。控えGKの(及川)開世(2年)や、先輩の(小野)成海(3年)さんがベンチに戻った後に声をかけてくれて、客席で応援してくれる他のGKのためにも絶対止めようと思いました」と、共に練習してきたGKたちの支えを糧とし、大仕事をやってのけた。「試合終盤に失点して、今日は一回死んでいたので、もう怖いものはありませんでした。
少しでも勝利できるようにしたいですと全国大会への意気込みを語る佐藤。早くも大舞台でチームを勝たせることへ意識は向いていた。

 
ref
 

高校サッカー&ユース<U-Soccer> @YSSoccer8

[MOM2671]仙台育英GK佐藤文太(2年)_インハイでPK敗戦…元新潟GKの“金言”を糧に離れ技披露: [高校サッカー・マン・オブ・ザ・マッチ][11.3 選手権宮城県予選決勝 仙台育英高1-1(PK3-1)聖和学園高 ユアスタ]…

コメントは受け付けていません。