バルサ ラージョ戦は今後を左右する試合に

現在、ラ・リーガで首位を走るFCバルセロナは日本時間4日(日)4:45より第11節ラージョ・バジェカーノとのアウェー戦を迎える。
一方、ラージョ・バジェカーノは8試合未勝利が続いている。(リーガ:7、国王杯:1)さらにミチェル率いるチームは今シーズン、わずか1勝(9月14日のウエスカ戦)しかしていない。今日の試合でバルベルデはクルトゥラル・レオネサ戦に出場した11選手と同一戦で休暇を与えた7選手(テア・シュテーゲン、ピケ、ラキティッチ、ブスケツ、コウチーニョ、ルイス・スアレス、ジョルディ・アルバ)を招集した。
サプライズはアレニャの今シーズンのリーガ初招集だった。一方、バルベルデはバジェカスでローテーションを用いる事が出来なかったマウコムとデニス・スアレスを招集リストから外した。■ローテーション7日にジュゼッペ・メアッツァでのチャンピオンズリーグ第4節インテル戦を控えている事を考慮すると、バルベルデはクルトゥラル・レオネサ戦に先発したものの、輝きを放つ事が予想される。
ラキティッチに休養が与えられ、アルトゥーロ・ビダルが先発する可能性もあるだろう。バルベルデは試合前日の記者会見でビダルの競争力の高さを賞賛している。またルイス・スアレスがこの一戦で1ゴールをマークした場合、このウルグアイ人ストライカーは今シーズンのリーガの得点数においてメッシを上回る。
現在、両選手は7ゴールを達成する。

 
ref
 

nad @39393942

今節のラージョ戦の低パフォーマンスを見ると、バルサの中盤は年齢高すぎるので、今後の過密日程に耐えられない気がしてきた。ブスケツとラキティッチがほぼ歩いてるし。

明日の話題 @ashitano_wadai

■バルサ ラージョ戦は今後を左右する試合に(スポーツナビ) 現在、ラ・リーガで首位を走るFCバルセロナは日本時間4日(日)4:45より第11節ラージョ - Yahoo!ニュース(

コメントは受け付けていません。