同世代のガチンコ勝負…清水DF立田、対峙した杉岡に「絶対に負けたくない気持ちでやっていた」

[11.2 J1第31節 湘南0-0清水 BMWス]  東京五輪を目指すU-21日本代表の仲間だ。
右SBを任される立田と左アウトサイドに入った杉岡は勢いに乗っており、「あいつは何が何でも抜いてやろうと感じできていたと果敢にドリブル突破を仕掛けてくる。「やっぱり勢いのある選手なので、対応するのは難しい部分もあったと突破からクロスを許す場面も作られてしまった。」
しかし、立田はU-21日本代表ではCBでプレーしており、「自分が攻撃になったときは、SBの自分のことをあいつは知らないので逆に仕掛けやすい部分もあったと杉岡の知る自分とは違う姿を見せ、サイドを疾走した。「同世代の選手とやることはあまりないので、そういう部分ではお互いに気合いが入るところがあった。絶対に負けたくない気持ちでやっていた 一進一退の攻防が続いたものの、0-0のまま試合終了のホイッスルが吹かれての痛み分け。」
実際に対峙して受けた刺激もあるが、「同世代の選手が結果を出していることで、「自分は何をやっているんだろうと感じることもあるとタイトル獲得に貢献した杉岡と自身を比較しつつ、「ああいう選手の刺激を受けて自分も成長していきたいとさらなる高みを目指していく。」

 
ref
 

かずやま @fI06fpnFKIjmmKs

切磋琢磨。こういう感じで(フェアに)ガツガツやってください。 同世代のガチンコ勝負…清水DF立田、対峙した杉岡に「絶対に負けたくない気持ちでやっていた」(ゲキサカ) - Yahoo!ニュース

コメントは受け付けていません。