ドルトムントがマンCのディアスを狙う…サンチョに続き逸材が移籍か

ドルトムントが、マンチェスター・Cのスペイン人MFブラヒム・ディアスの獲得を目論んでいるようだ。
ドルトムントはかつてマンチェスター・Cの下部組織でプレーしていたイングランド代表FWジェイドン・サンチョを通じて情報を収集。獲得に向けた準備を進めている。なお、ディアスにはレアル・マドリードも関心を寄せているとのことだ。
一方、ジョゼップ・グアルディオラ監督はこの若手のホープを何としてもチームに残したいと考えている。地元紙「マンチェスター・イブニングニュース」によれば、グアルディオラ監督は「ブラヒムを我々の下に留めるためなら何でもするだろう。我々は彼を欲している。
最終的には、我々次第ということにはならないけれどもとコメントしており、同選手の残留を熱望している様子だ。11月1日に行われたフルアムとのカラバオ・カップ(リーグカップ)4回戦では、2得点でチームの勝利に貢献したディアス。出場機会を求めて、移籍を決断するのだろうか。

 
ref
 

ふれ @riderrider4415

ドルトムントがマンCのディアスを狙う…サンチョに続き逸材が移籍か(SOCCER KING)

コメントは受け付けていません。