ディマリアが告白 離脱寸前からPSGと契約更新した理由

アルゼンチン代表FWアンヘル・ディ・マリアがパリ・サン・ジェルマンとの契約を2021年まで更新した。
「最も重要な理由の一つは、新監督への信頼だ。また、PSGは今後もより多くのトロフィーを得ることができると思ったことが残留の理由だ」ディ・マリアは2018年に24ゴール12アシストをあげ、PSGの最優秀選手の一人となった。「今自分がキャリアにおいていい時期にいることは知っている。
PSGに加入してからいつも良い成果を得てきたが、1年前から特に調子がいいまた監督もディ・マリアの残留を喜び、次のように語っている。「彼(ディ・マリア)とならことはスムーズにいく。彼はプロフェッショナルだからね。」
彼は忍耐力があるし、チームのことを考えてプレーする。しかも個人的にレベルの非常に重要な事だディ・マリアは2015年にマンチェスターユナイテッドからPSGに移籍金6,000万ユーロ(約77億円)で移籍した。

 
ref
 

ジーロ @jiromaru55

ディマリアが告白 離脱寸前からPSGと契約更新した理由()

コメントは受け付けていません。