W杯直前に激震!女子U17監督ハグって辞任 ほっとけない…女性職員が不快感訴え

日本サッカー協会は1日、U-17女子日本代表の楠瀬直木監督(54)が、同協会の女性職員へ不適切行為があったとして辞任すると発表した。
日本協会で開かれた会見。田嶋会長は「大きな大会を間近に控え、昨今のスポーツ界でのハラスメント、暴力の問題がある中で監督に不適切な行為があった」と苦渋の表情を浮かべた。説明によると、楠瀬監督は昨年6月に女性職員と打ち合わせをした際、別れ際に軽く抱きしめる行為があり、今年9月にも不必要な身体的接触があったという。
不快感を持った職員が9月下旬に上司にメールで相談したことで事態が明らかになった。弁護士を交えて双方から事情を聴いた結果、セクハラと断じるには至らなかったが、女子委員会が今後の監督続行を困難と判断した。楠瀬監督も了承して辞意を申し出て、10月31日付で協会が受理。
楠瀬監督は「大変ご迷惑をおかけして申し訳なかった」と話していたという。
田嶋会長は「日本代表監督に倫理観と規律が求められるのは言うまでもなく、われわれも猛省せざるを得ない」と話した。日本協会は役員の責任も認識しており、今月の理事会で話し合うとした。U-17女子日本代表は13日にブラジル、16日にブラジル、16日にメキシコと対戦する。

 
ref
 

辯丞 @benjoe

U-17女子W杯前に大激震…楠瀬直木監督がJFA職員への不適切行為発覚で辞任(ゲキサカ) :まるで今年のW杯のスペインみたいになってんじゃんw 直前の解任は選手にとっても不安だろうし、結構難しい大会になりそうだな。 不適切行為ってなんだろ?

コメントは受け付けていません。