コンテ氏、レアルの監督就任オファーに断りか…来夏まで充電期間延長へ

昨シーズンまでチェルシーを率いていたアントニオ・コンテ氏が、レアル・マドリードの指揮官就任オファーに断りを入れたようだ。
ロペテギ監督の解任後はコンテ氏の動向に注目が集まっていたが、今回の報道によると、就任オファーに断りを入れたという。レアル・マドリードのプロジェクトが自身にはふさわしくないと感じた模様だ。

 
ref
 

KH's Ellegant Fingers @FingersKh

ロペテギの面目丸つぶれだなぁ。 思いのほかソラーリがきっちり勝ち点稼いで結果残したので、これでコンテの就任は無くなったってこと? レアル、ソラーリ暫定監督が指揮官に正式就任へ…4戦全勝の手腕を評価|最新海外サッカーニュース|スカパー!サッカー放送

さとみ飯店 @satomi_hanten

スカイか / コンテ氏、レアル監督就任を辞退?“独裁”に選手が難色「戦術よりマネジメントが重要」(スポニチアネックス) - Yahoo!ニュース

コメントは受け付けていません。