ドルトムント前監督がオーバメヤンの移籍騒動に言及「選択肢がなかった」

昨シーズン限りでドルトムント指揮官の座を退いたペーター・シュテーガー氏が、今年1月にガボン代表FWピエール・エメリク・オーバメヤンが退団した際の状況を語った。
「彼は他に選択肢をよこさなかったんだ。週に4日ほどしか練習しなかった。しかし、移籍願望を強調するため、彼は試合前のミーティングに来なかったり、最終トレーニングでのランニングを拒否したりした」「我々は少なくとも残り半年はチームに留まらせようと努力した。
オーバにそのつもりはなかったけれどね 同氏はこのように話し、オーバメヤンの移籍騒動に手を焼いていたことを明かした。最終的には、「アーセナルに合流する前に個人的に謝罪してきたという。別の道を歩むこととなったドルトムントとオーバメヤンだが、移籍にあたってはすっきりと決着をつけられなかったようだ。」

 
ref
 

サッカーまとめアンテナ11 相互 @soccer_antenna1

ドルトムント前監督がオーバメヤンの移籍騒動に言及「選択肢がなかった」(SOCCER KING)

コメントは受け付けていません。