「異なる競技のロゴマークが…」イギリス紙がプレミア上位対決のピッチを酷評

ウェンブリーで行われたプレミアリーグ第10節のトッテナム対マンチェスター・シティ戦は、上位対決にふさわしくないピッチコンディションのまま行われた。
前日に行われたアメリカンフットボールの試合の影響で中央エリアは白い砂地が表出し、センターサークルにはNFLのロゴマークが残ったまま。このコンディションは戦況にも表れた。記事では「試合の貧困さとグラウンドの不安定さは明らかに結びついていた」と断言。
高い技術を誇るMFダビド・シルバ(マンチェスター・C)さえもボールコントロールを誤り、MFエリック・ラメラ(トッテナム)の決定的シュートにも悪影響を及ぼしたうえ、前半6分に決まった唯一の得点がGKエデルソン(マンチェスター・C)さえもボールコントロールを誤り、MFエリック・ラメラ(トッテナム)のロングキック起点だったのも劣悪なピッチによるものだとしている。ビッグマッチには56854人の観衆が詰めかけたが、「彼らにとって印象づけられたり、のめり込んだりするシーンはなかったと厳しく指摘。」
このような形になった原因は、トッテナムが進める新スタジアムの建設が遅れており、ウェンブリーを使わざるを得なかったためだ。新スタジアムは当初、9月15日のバーンリー戦に延期。現在はさらに遅れる予定になっており、年明けの1月13日に行われるマンチェスター・ユナイテッド戦まで先送りされる見込みだという。

 
ref
 

チベスナ㌠ @Tibetan_SandFox

満ち足りたと感じるには真剣に生きなければならんのだろうけど真剣になる方法を忘れてしまった

コメントは受け付けていません。