ナポリ指揮官アンチェロッティ、ローマとの劇的ドローに満足「選手たちを誇りに思う」

ナポリの指揮官カルロ・アンチェロッティは、28日のローマ戦終了後、イタリアメディア『スカイスポーツ』のインタビューに応じた。
それでも指揮官のアンチェロッティはパフォーマンスに満足している。「選手たちは良いパフォーマンスを見せてくれたので満足している。「選手たちは良いパフォーマンスを見せてくれたので満足している。」
チャンスも数多く作れた。サイドでのプレーを余儀なくされていたが、それでもチャンスは非常に多かった「ローマ陣内でプレーする場面が多かったが、細かい部分で正確性を欠いた。相手は非常にコンパクトに固めていたので、スペースを見つけるのは簡単ではなかった。」
だが前線に問題はない。
我々はやるべきことをした。もしパリで勝てていれば、CLでは実際に有利になっただろう。だがこの先はまだ分からない。
目の前の試合で良いプレーをすることを考えていきたい。たいていの場合、CLの後は集中力がやや低下するものだ。でも今日はそれがなかった。
「選手たちのことを誇りに思う」。

 
ref
 

けんけんjuventini @CR7_Juve

【 JP】 ナポリ指揮官アンチェロッティ、ローマとの劇的ドローに満足「選手たちを誇りに思う」

コメントは受け付けていません。