アトレティコがソシエダに勝利、クラシコ前に暫定首位浮上

【AFP=時事】18-19スペイン1部リーグは27日、第10節の試合が行われ、アトレティコ・マドリード(Atletico de Madrid)はディエゴ・ゴディン(Diego Godin)とフィリペ・ルイス・カスミルスキ(Filipe Luis Kasmirski)の得点でレアル・ソシエダ(Real Sociedad)に2-0で勝利し、暫定首位に立った。
アトレティコを指揮するディエゴ・シメオネ(DiegoSimeone)監督はモビスターTV(MovistarTV)に対し、「選手が最高の形で答えてくれることは分かっていたとコメント。「一体感、熱狂、そして冷静さを示した90分間だった 2013-14シーズンの王者アトレティコは、現時点でバルセロナに1ポイント差、レアルに4ポイント差をつけている。【翻訳編集】AFPBBNews。」

 
ref
 

オシポフ @oshipov7

バルサとアトレティコはドロー、レアルは3失点完敗/リーガ第13節

Takaaki @mysteriousutil

昨日の LaLigaコース はビルバオ、ソシエダの両チームを講師の小澤一郎さんが解説、だったがメモを見返すと倉敷保雄さんのバスク地方食文化紹介コーナーの方が圧倒してるのに気付く。 ビルバオは前節アウェイのアトレティコ戦で先制しながら逆転負けで苦戦してるがそろそろ勝利してほしい。

コメントは受け付けていません。