ラモス氏が熱望 誰も忘れないような東京五輪・パラリンピックを!

元日本代表MFで、ビーチサッカー日本代表監督のラモス瑠偉氏(61)が27日、しながわ中央公園で行われたスポーツフェスタ「OZ」にゲストとして出席した。
誰も忘れないような東京五輪、パラリンピックにして欲しいと訴えた。また同時に開催されたブラインドサッカー東日本リーグの試合も激励した。5人制サッカーとしてパラリンピックの正式種目でもある同競技は、視覚障害がありアイマスクをつけるフィールドプレーヤー4人と、視覚障害のない選手または弱視の選手が務めるGKの5人でチームを編成。
転がると音が出るボールを使用し、GKや監督からの声を頼りに相手の状況や位置などを把握する。ラモス氏が「94年頃に千葉でやったことがあるけど、本当に難しかった」と話したように、サッカーの技術だけでなく、コミュニケーションが大事になる。選手に向けては「言えることはひとつ。
努力、努力。仲間を信じて、目標、夢を実現してもらいたい。心より応援していますとエールを送った。

 
ref
 

かいと∞ @kit_Uw

1枚目ラモスかと思いましたwwww

車CM・雑誌キャッチコピーbot @COBRA11E46

バモスに乗ったラモス 2代目 ホンダバモス

コメントは受け付けていません。